歯周治療

歯周病の原因は?

歯周病の原因

最大の原因は、プラーク(歯垢)が口の中で繁殖することで引き起こされます。

プラークの正体は細菌の塊で、この細菌の塊が出す毒素が、歯周病の発生と進行に大きく関わってきます。
しかもプラークは、歯の至るところに発生する為、歯磨きなど通常のブラッシングでは完全に取り除きにくいため、知らず知らずのうちに歯周病が進行しているケースがほとんどです。
 

歯周病を放っておくと・・・

歯周病の進行状態

歯周病放置

歯周病の初期症状は歯を磨くと歯ぐきから出血する・歯ぐきがムズムズすると言った症状です。そこから更に進行すると、歯がグラグラしたり歯並びが悪くなったりと言った症状が現れます。
更に、歯周病が発生すると、糖尿病や心臓血管疾患、肺炎や骨粗しょう症と言った病気の発症率も高くなることがわかっています。つまり、歯周病は歯の健康だけの問題ではなく、身体全身の健康とも直結している病気なのです。

歯周病かな?と思ったら・・・

 

歯周病治療は早期に発見して治療し、きちんとメンテナンスをすれば怖くありませんが、進行が進んだ段階では治療も困難となり、歯の再生は極めて難しくなってしまいます。「歯周病かな?」と思ったら、なるべく早く来院する事をお勧めします。

歯周病の治療

歯周病かな?と思ったら

歯周病の治療は症状に応じて処置の内容が大きく変わってきます。
まずは初診にてこれまでの経緯等を詳しくお伺いし、必要があれば緊急処置を行います。

その後、口腔内写真、X線撮影、歯周ポケット検査を行い、現在の状態や今後の方針等にいてご説明いたします。

治療が必要な場合は、まずプラークコントロール指導やスケーリング(歯石取り)などの初期治療を行い、十分な改善が見られなかった部位にはルートプレーニング(根っこの歯石取り)や歯周外科処置を行うなど、各治療の再評価を繰り返しながら、必要な部位に必要な治療を行っていきます。

また、治療終了後には良い状態を長期にわたって維持して頂くために、定期的なメンテナンスをお勧めしています。

 

ページの先頭へ