知覚過敏

知覚過敏とは

知覚過敏

歯周炎や強すぎるブラッシングによって歯根が露出し、露出した部分から刺激が伝わり痛みなどがしみたり痛みを感じる症状です。
それに対して原因をさぐり対策を採る必要があります。

 処置

  • 低出力レーザー照射
  • 薬剤塗布
  • 知覚過敏部分の刺激遮断処置
ソフトレーザー.jpg

ソフトレザー

低出力レーザー照射により神経の細胞を活性化し、第2象牙質の形成を促し、刺激を遮断します。

drug.2.jpeg

セット

ハイドロキシアパタイトの粒子を知覚過敏部位に擦り込むことにより、歯に吸着し、刺激を遮断します。

 

知覚過敏でお悩みの方は花小金井にある安心の歯医者にお気軽にご相談ください

知覚過敏は誤ったブラッシングや歯周炎などにより、歯肉がしみるような感じを受けるなど、うがいをしたり食事をしたりする度に不快感に苦しみます。そのうちに治ると放置していると、いっそう症状が酷くなるケースが少なくありません。お口の中の刺激が気になった時は、お気軽に花小金井の羽山歯科クリニックへご相談ください。
歯医者では知覚過敏の原因を探り出し、原因や症状に応じて低出力レーザー照射や薬剤塗布による改善治療を行います。
痛みや刺激が酷い場合には、ハイドロキシアパタイトを用いた刺激遮断処置で、気になる刺激の緩和が可能です。地域の皆様のお口の中の健康をサポートする花小金井駅直ぐの羽山歯科クリニックへ、お気軽にご相談ください。
ページの先頭へ