入れ歯・義歯

保険診療の入れ歯

樹脂を主体としたものです。部分入れ歯はフックのようなものを作り(クラスプ)、固定します。

総入れ歯

総入れ歯

部分入れ歯

部分入れ歯

保険適用の入れ歯のメリットとデメリット

長所

  • 価格が比較的安い。
  • 修理、補修が簡単にでき、ある程度の見た目回復が可能。

短所

  • 厚みを感じやすい。
  • 熱がレジンにこもりやすい。
  • レジンの表明に傷がつきやすく、雑菌が繁殖しやすい。

保険外診療の入れ歯

金属床

薄く快適

薄く快適

違和感も少なく、お口の中が広く感じます。
保険入れ歯の約1/3の薄さで入れ歯を作ることができます。
 

温度が伝わる

丈夫で残った歯にも優しい

食べ物の温度を瞬時に伝えることができます。
熱さや冷たさも味わいのひとつです。
金属床は温度をよく伝えるのでおいしく食事ができます。

丈夫で残った歯にも優しい。

丈夫で残った歯にも優しい。

金属床の部分入れ歯は残っている天然歯にあまり負担を掛けません。

部分入れ歯の場合、残っている歯にバネを引っかけますが
金属床の入れ歯はたわまないために、咬んだ時に義歯が動かず力が逃げません。そのため、よりしっかりと咬んだ感触があり、残っている健康な歯にあまり負担を掛けません。

見た目に目立たない工夫。

部分入れ歯を固定するためのバネを目立たないように仕上げることができます。
前歯に入れ歯の大きなバネが見えることに抵抗がある方にはお勧めです。

修理、リフォームも可能。

万一入れ歯が破損したり、ご自分の歯が抜けたりしても金属床の場合レーザー溶接で修理、補修できますので永くご愛用いただけます。

ノンクラスプデンチャー

特徴

ノンクラスプデンチャー

見た目を優先した「オシャレ義歯」のため、
義歯を装着していることを悟られにくい。

non-clasp02.jpg

保険の義歯では金属などが人目にふれる。

non-clasp03.jpg

ノンクラスプデンチャーは、金属のバネが無いため見た目が綺麗。

入れ歯の手入れの方法

入れ歯のヨゴレの種類
  • 細菌
  • 真菌(カビ)
  • 食べカス
  • 歯垢
  • タバコのヤニ、茶しぶ

部分入れ歯は、金属部分の形が複雑なため、ヨゴレが付着しやすく、入れ歯の隣の天然歯のムシ歯や歯周病などの原因となることがあります。

 

入れ歯の作製や調整も花小金井の歯医者が患者様の立場に立って親身にサポートいたします

花小金井駅すぐで便利な羽山歯科クリニックでは、インプラント治療はもちろん、入れ歯の作製や調整のご相談も承っております。費用負担を抑えられる保険内での作製から耐久性に優れ、より快適にお使いいただける保険外診療による作製まで、ご予算やご希望に合わせてご提案させていただきます。
地域で高齢者の方をはじめ、多くの患者様を診療してきた経験豊富な歯医者がご相談に応じますので、フィット感があり使い勝手のいい入れ歯をお作りできます。他院で作製した入れ歯が合わずお困りの方も、お気軽にご相談ください。
羽山歯科クリニックは花小金井駅から徒歩2分ほどの場所にございますので、入れ歯の調整やメンテナンスに継続的にご利用いただくのにも便利です。入れ歯が初めての方も、お気軽にお問い合わせください。
ページの先頭へ