歯ぎしり いびき 睡眠時無呼吸

歯ぎしり

歯ぎしりは程度の差はありますがほとんどの人がしています

激しい歯ぎしりをする人は、起床時にはとても恐ろしくて出せない力で行なってるようです。

歯が消耗したり、歯の周りの組織に負担をかけたり、周辺の筋肉を硬直させたりします。
(前方の歯中心の歯ぎしりは音が鳴りにくく気づきにくいようです。)
マウスピースを作成して、硬い歯同士が直接こすりあわないように、力が分散して特定の歯にかからにないようにします。

いびき・睡眠時無呼吸

起床時に寝た感じが苦しかったり、昼間にどうしようもなく眠くなる

マウスピース

こんな悩みを抱えている人は、いびき・睡眠時無呼吸の可能性があります。睡眠時、舌の付け根が弛緩し、気道を塞ぎ大きないびきやしばしば呼吸が止まるため、深い睡眠を取ることができません。
様々な対策がありますが、歯科的なアプローチとしてはマウスピースで顎位を固定し気道を確保します。
(残っている歯が少ないと困難になります。)
ぜひご相談下さい。

ページの先頭へ